モメンヅル
オニシモツケ

 今日は久しぶりの真夏日、出かけるか迷ったがそろそろカラフトモメンヅルの花が咲いている頃、この花は希少種で自生地が道内でも限定され飛び地のように分布している。
 早速、音更町内の河川敷に車を走らせるが此処はチョウのポイントでも有り、今日も採集者が大きな網を振っていた。
 採集者と一緒になるのは嫌なのでこの場所はスルーし他の場所に行く事にした。
 此方では気の早いオニシモツケやコクワの花が咲いていた。コクワは秋になる実が食べられ果実酒にすると意外に美味しい。

コクワ(別名;サルナシ)


モメンヅル


 蝶や花を撮し最初の河川敷に向かうともう採集者の姿は無かったが堤防上の草はすっかり刈り取られていた。
 モメンヅルが残っているか辺りを探すと難を逃れた株が数株残り薄緑色の花をつけていた。
 今日この他に撮した花はウツボグサホザキシモツケオニノヤガラ

※ 当初、モメンヅルをカラフトモメンヅルとして掲載しましたが読者から違うのではとメールを  頂き再考の結果モメンヅルに修正しました。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-17 16:47 | 花・野生種
<< コミスジ ミドリヒョウモン >>