北邦野草園の花

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

 昨日出かけた嵐山(北邦野草園)は今の時期に行くとカタクリやエゾエンゴサクが花盛り場所によってはブルーやピンクのの絨毯を敷き詰めたようで思わず魅入ってしまう。
 エゾエンゴサクは花の色に変化がが多く濃い紫色から白まであり好きな花の一つ、此処では白花も見られたが陽射しが強く白飛びして良い写真にはならなかった。
 下の一枚目がポピュラーなブルーのタイプ、二枚目があまり数は多くはないがピンク色のタイプ


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

 カタクリの花も沢山咲いていたが此方は広角レンズで撮影、まわりの環境を入れてみたが歪曲し花の本来の姿からはかけ離れた感じになってしまった。でもこれはこれで面白い。
 面白いと言えばカタクリの三枚目、花茎が伸びきらず葉の間で花が咲き始めている。
 最初見つけたときは別の花のように思ったがよくよく見ると確かにカタクリだ。


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mmF2.8G


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mmF2.8G


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

 最後はヒメギフチョウの食草になっているオクエゾサイシン、蝶屋はこの植物をヒメギフの産卵場所としてスポットを当てるが葉の下に咲く花も派手さは無いが愛嬌があって良い。
 他にもエゾノリュウキンカ、キバナノアマナ、ショウジョウバカマ、エゾイチゲ、ミヤマスミレ、エンレイソウ、ニリンソウ等も咲いていたが画像が多くなるので今日はこれだけの掲載


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-05-01 09:52 | 花・野生種
<< 今日は雨なので・・・ 旭川の蝶 >>