カテゴリ:蝶・昆虫( 103 )
コムラサキとシータテハ
コムラサキ


 15日の林道の散策で撮した最後の蝶、コムラサキとシータテハ今の時期の林道を歩くと色々なタテハチョウ科の蝶が吸水に降りている。今回もこの他にサカハチチョウやコヒオドシ、クジャクチョウも来ていたが写真には収めなかった。コムラサキの下の二枚は地面から飛び立って林道脇の葉に止まったのをマクロレンズと広角レンズそれぞれで撮した写真、同じ位の大きさだがレンズによって随分と雰囲気の違う写真になる。





 シータテハの写真は林道上で吸水しているのを広角レンズで蝶に触れるぐらい近づいて撮した。この蝶は久しぶりに撮した。翔を閉じていると羽の形や模様からボロボロになった擦れた個体のように見えてしまうがこの個体は翔を開くとオレンジ色が鮮やかな羽化したばかりの新鮮な個体だった。

シータテハ




人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-17 07:11 | 蝶・昆虫
ミヤマカラスアゲハ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 林道では夏型のミヤマカラスアゲハの数が増えて来た。昨日行った林道でも20頭程度の小規模な集団吸水が2カ所で見られた。どちらも縦に長くマクロレンズでは全容が収まらず部分的な写真しか撮せなかった。広角で全容を入れて撮そうとはしたが近づいた途端に飛び立ってしまった。
 1カ所目の林道は良かったが2カ所目の吸水場所はかなり無惨な状態だった。登山者の車の通りが多いせいか遠目には30頭程度確認できたが近づいて見るとその中の10数頭は災難に遭って既に命を落としていた。一番下の写真も5頭中2頭は絶命、早朝は動きが緩慢なのかも知れないがゆっくり近づけば飛び立つのに・・・この狭い林道を疾走する無謀な車の姿が目に浮かぶような光景だった。


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-16 08:16 | 蝶・昆虫
難儀な性格
オニヤンマ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今日の予報は一日雨だが昨日までの暑さが嘘のように窓から吹き込む風は涼しく肌寒い位だ。この天気も普段ならあまり喜ばないのだが猛暑から解放されると思えば有り難く感じる。
 この写真は8月15日に花や蝶を撮す間に撮した虫達、オニヤンマは昨年シャッターチャンスを逃した同じ場所で今年は撮すことが出来た。あまり撮影範囲を増やさないぞと思いながらも花や蝶が少ないとついつい見つけた物を手当たり次第に撮してしまう、何とも自分ながらにも難儀な性格だと思う・・・

ヨツスジハナカミキリ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 オオイタドリの花にはヨツスジハナカミキリが来ていたハナカミキリの仲間も色々な種類を見かけるがこれは黄色と黒の組み合わせが目を惹いたので撮した。

ヒメギス

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 同じ場所で随分と黒いバッタの仲間を見つけた。最初キリギリスかと思ったが何か雰囲気が違う。帰って図鑑で調べるとヒメギスのようだ。産卵管がナイフのようでちょっと格好いい。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-16 07:24 | 蝶・昆虫
ベニヒカゲとミドリシジミらしき蝶
ベニヒカゲ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今朝も暑く気温も35度に迫りそうな予報、朝5時の段階で既に車外気温は22度を指している。今日の目的はミドリシジミ・オナガシジミ・ベニヒカゲの三種、先ずは音更のミドリシジミのポイントに5時半に到着、周りを探すも下草に降りている個体は見つけられない。
 この場所は早々に切り上げ芽室のオナガのポイントに移動6時過ぎに到着、此処は昨年は個体数が多く期待していたのだがまったく姿が見られない。しばらく畑に沿って林縁を探すがキアゲハやミヤマカラスアゲハ・コムラサキが時折姿を見せるだけだった。しかし此処では初見の花と初撮影のトンボが撮せた。この写真については後日掲載する。
 続いて芽室の林道に移動、途中に見かける蝶が随分と少ない気がする。最初のポイント湖の対岸の林道に8時頃に到着、この時間帯は日陰になっている林道を少し歩くと目当てのベニヒカゲが飛び出した。気温が高くなかなか静止しないがしばらく待って何とか撮すことが出来た。今回、ベニヒカゲはこの後入った何本かの林道すべてで数は少ないが確認することが出来た。


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mm

しばらくするとミドリシジミの♀らしき蝶も現れ撮影、開翔を待ったが日が当たる場所では無いのでまったく開く気配が無かった。飛んだときの色を見るとB型かAB型の様だった。

ミドリシジミらしき蝶

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-15 14:52 | 蝶・昆虫
ツバメシジミなど
ツバメシジミ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今朝の散策で見かけた蝶、ゼフの姿を求めて雑木林の中の空き地に行くと白っぽいシジミチョウが飛んだ。後を追いかけ止まったところを見るとツバメシジミの♀だった。
 此処では他にジョウザンシジミがテリハリをしていたがかなり擦れた個体ばかりなので写真には撮さなかった。
 車の通りの多い道路沿いに出るとサトキマダラヒカゲ(たぶん)が街路灯の柱に止まった。此方もかなり擦れているが今年はあまり撮していないので写真に収めた。


サトキマダラヒカゲ?

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-14 14:13 | 蝶・昆虫
ゴマシジミなど
ヒメアカタテハ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今日のもう一つの目的はゴマシジミだが最初に見つけたのはエゾオグルマで吸蜜するヒメアカタテハ、この蝶は先週に山間部の草原でも見かけたが海を背景に写すのも面白いと思い広角でも撮影した。

ヒメアカタテハ

Nikon D200+Nikkor ED 10.5mm

 目当ての蝶は例年浜辺から少し上がった所で見かけている。今回もその場所に行ったが飛んでは居るが止まる気配がない。海を背景に写したかったが仕方がないので遊歩道沿いのポイントに移動する事にした。途中でチシマアザミで吸蜜するヒョウモンチョウを見かけた。

ヒョウモンチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 遊歩道沿いでも時折ゴマの姿を見かけるが高台のポイントと同じようになかなか止まらない。しばらく見ていると止まりそうな個体を発見、数メートル先の草に止まったのでそっと近づいて先ずはマクロで次に広角、何とか写真に収めた。この個体はサービス満点で写している間に翔を開いてくれた。

ゴマシジミ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-08 20:45 | 蝶・昆虫
色々見かけたが
エゾヒメシロチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 先月の最終日の画像、この日もあまり天候が良くなく午後からの晴れ間を期待して音更の林道に向かった。目当てはウスイロオナガシジミだったがこの日もまったく姿を見ることが無かった。
 この写真は林道に入る前に寄った河原で写したエゾヒメシロチョウの夏型、此処では他にコヒョウモンやヒメアカタテハ、キバネセセリの姿も見られた。

コヒョウモン

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

キバネセセリ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 林道に入り最初の見られたのはクロヒカゲ今回は対象にしていないのでスルー、少し進むとオオヒカゲが飛び始めた今年は発生が多いのかそこら中に飛んでいる。しかし近寄って写そうとするとすぐに飛び立ちなかなか写させてくれない。しばらく追いかけて何とか開翔と閉翔の写真をゲットした。

オオヒカゲ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

オオヒカゲ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 更に林道を進むが目当てのウスイロオナガシジミはまったく姿を見せない。代わりに新鮮なのから擦れたのまでタテハチョウ科の蝶が次々に現れる。ほとんどが今年は初撮影の蝶ばかりなので何カットづつ撮影した。

ウラギンヒョウモン

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

エルタテハ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

サカハチチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

コムラサキ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


ミドリヒョウモン

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

イチモンジチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

アカマダラ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

他のゼフはまったく見かけなかったがこのカラスシジミだけはそこら中のセリ科の花で吸蜜していた。この蝶も今年は撮していないので目当ての蝶は見られなかったが良しとしよう。

カラスシジミ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-07 19:03 | 蝶・昆虫
7月下旬の蝶
クジャクチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 一昨日、昨日と通勤途中のゼフ林を覗くが昨年あれ程居たゼフの姿がまったく見られない。出張の間に発生時期を外してしまったのかも知れない。それでは市内のゼフ林でリベンジと思いながら今朝起きると外は土砂降りの雨・・・・今日は早朝しか時間がとれないのでゼフの撮影は諦めるしか無いかなぁ(--;)
 昼からは最近ちょっと凝ってしまった士幌のカフェレストラン、ブーオで食事、森に囲まれ庭先にはちょっとしたハーブガーデンがあり食事もなかなか美味しい。前々からこのハーブガーデンの花が蝶のレストランになりそうだと思っていたら案の定、色々な蝶が食事に来ていた。今回撮せたのはこの4種、他にもキアゲハ、コキマダラセセリ、ジャノメチョウ、クロヒカゲが訪れていた。この後、士幌高原のミドリシジミの様子を見に行ったが現地に着いた途端に土砂降りの雨、今日はゼフにとことん見放されているようだ。

ミドリヒョウモン

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

ヒョウモンチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

ヒョウモンチョウ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

オオチャバネセセリ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-07-28 21:38 | 蝶・昆虫
市内のゼフ林
ウラジロミドリシジミ

Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

 連休三日目の最終日、朝起きるとやはり小雨交じりの曇り空、予報では今日は晴れ間が出る筈なのに・・・しかし8時頃に空が明るくなり青空が少しだけ顔を覗かせた。
 今日は遠出は出来ないので市内のゼフ林を少しだけ見に行く事にした。着いて歩き始めると先週はジョウザンが止まっていたクルミの木にウラジロらしきゼフが止まっていた。望遠で確認するとやはりウラジロだった。
 先週と同じ場所ではジョウザンが下草で盛んにテリハリを行っていた。今回も広角レンズを着け忘れて居たのでマクロで近づけるだけ近づいて見た。

ジョウザンミドリシジミ

Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

 一・二枚目はNikonの絵、二枚目のジョウザンはもっとグリーンに見えたが出来上がりはブルーが強く出てしまった。
 三枚目以降はPENTAXの絵、三枚目は同じ場所から撮した。Nikon程では無いが此方も見た感じよりブルーの方が強くなってしまった。四・五枚目はもっともブルーに輝く方向から撮した。この二枚は見た目に近い感じで写っている。


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 最後の写真はウラジロが静止していた。クルミの木の傍らであまり光らない場所から撮した。前翔に二本のブルーのラインが走り面白い写真に成った。
 蝶を撮し始めた頃ジョウザンシジミ等のゼフ類は見つけてもまったく羽を開かなかった。この頃になってやっと時間帯のせいだと言うことが解った。早朝に行くとすぐに開いてしまい逆に閉翔の写真がなかなか撮せない。
 この後、maedaさんと現場で出会い、同じゼフ林の反対側に移動、此方でもウカチョクのジョウザンが盛んに卍飛行を繰り返していた。此処は飛翔写真を撮すには絶好の場所、広角に切り替え一応挑戦したがピンボケの山、このレンズを使いこなすにはもう少し練習が必要だ。ちょうどこの時に携帯が鳴ったので早く帰って来いとの催促かと思い慌てて出たらFieldさんから日高のツマジロのお誘い。思わず行きますと返事をしてしまいそうに成ったがそのまま行ってしまったらきっと今日は家に入れて貰えないぞと思い何とか踏みとどまった(笑)


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-07-16 16:52 | 蝶・昆虫
イシダかヒメか・・・

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 連休二日目、相変わらず朝から小雨交じりの天候だ(--;)、午前中に所用を済ませ。午後に入ると空が明るくなり僅かに日が差す瞬間が見られた。もしかすると天気が回復するかも知れないと淡い期待をいだき先週、教えて貰ったイシダシジミのポイントを見に行くことにした。だが天候は味方してくれずポイントに近づくにつれて空は暗くなり着いた頃には霧雨まで降ってきた・・・でも此処まで来てただ帰るのも悔しい。
 生息環境も見ておきたいので雨に濡れた草藁に分け入り探す事にした。ナンテンハギの株を中心に探していると一頭のシジミチョウがナンテンハギから飛び立った。此処にはイシダ、ヒメが混生していると聞いていたので一頭見ただけではどちらか判断が付かない。ヒメより大きい感じがするがカバイロほど大きくはない気がする。
 飛び立ったときに淡いブルーの色が見えたが全面にはブルーが出て居なかった。開翔場面が撮せれば参考に成ったのだが小雨交じりで気温も低くしっかりと羽を閉じたまま開く事は無かった。
 いずれにせよ今日見かけた蝶はこれ一頭のみ来週は仕事で不在に成るのでイシダ探しは来年の課題に成りそうだ。

最初にヨモギの葉裏に静止

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

場所が悪いので飛ばして見るとすぐ下のイネ科の植物の葉裏に静止

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

ナンテンハギ(イシダシジミの食草)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-07-15 19:57 | 蝶・昆虫