<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
向日葵と秋桜


 河原の雪捨て場後で不思議な光景に出会った。本来は庭先に咲いているはずの花達だ。除雪した雪に混じって種が運ばれてその種から花を咲かせたようだ。向日葵と秋桜どちらも丈夫なのか周りの雑草に負けずに花を咲かせていた。
 四国や本州方面では向日葵は夏の花、秋桜は秋の花と言うイメージが強い。子供の頃の記憶では夏休みに降り注ぐ陽射しの中で向日葵が咲き稲穂が頭を垂れ始めた頃、秋桜が咲いていたような気がする。所が此方に来て見るとこの花はどちらも同じ頃に咲き始める。この花だけの事では無いがスプリングエフェメラル以外の花に関しては咲く時期が微妙に重なりあまり季節感が無い。本州方面に比べ暖かい期間が短いのが一つの原因かも知れない。


[PR]
by kasya5 | 2006-08-27 20:07 | 花・園芸種
昼顔と大粟立草


 最近よく目立つ花に大粟立草がある。北アメリカ原産の帰化植物だが十勝地方では河原や空き地を埋め尽くす勢いで広がっている。今日行った河原でも彼方此方に群落を作って黄色い絨毯を敷き詰めた様に咲いていた。しかし花の少ないこの時期には撮影対象に丁度良い。そんな黄色い絨毯の中に朝顔に似たピンクの花が数輪咲いていた。帰化植物が広がる中、もともとの自生種も頑張って居るようだ。


[PR]
by kasya5 | 2006-08-27 19:48 | 花・野生種
シータテハなど
シータテハ


 秋の気配が漂い始めた林道に蝶の写真を撮しに行った。蝶の季節も終盤に入り見られるチョウは擦れた個体が多く綺麗な蝶はなかなか見つけられない。そんな擦れた蝶が増えた中でシータテハは比較的綺麗な個体が見られた。その他には2化目のサカハチチョウ(夏型)やモンキチョウも見られた。ミドリシジミ類も結構な数が見られたがどの蝶もボロボロになっていて撮すには哀れな感じがし写真には収めなかったそんな中で?ミドリシジミの比較的綺麗な♀が居たので写真に収まって貰う。今回は新レンズを使ったが花の撮影には向いていなかったレンズだが蝶を撮す場合は写りがシャープでなかなか良い具合に使えた。これからの蝶の撮影に幅が広がり来年が楽しみだ。

サカハチチョウ(夏型)


モンキチョウ


?ミドリシジミ♀

[PR]
by kasya5 | 2006-08-26 22:36 | 蝶・昆虫
エゾトリカブト


 新しいレンズのテストを兼ねて野の花を撮しに行った。マクロ機能のついたシグマの70mm-300mmズームレンズ、値段も安かったが花を撮した場合、ボケの雰囲気はあまり良くない。花を撮すにはやはり単焦点のマクロレンズの方が良い感じだった。
 で被写体になったエゾトリカブトだがこの時期に野山に入るとこの花が至る所で見られる。昔この花の根から矢毒をを作り狩猟等に用いられた。北海道には何種類かのトリカブトが有るがいずれも毒性が強く取り扱いには注意が必要だ。
[PR]
by kasya5 | 2006-08-26 22:15 | 花・野生種
耕作地周辺で見られる花
オオハンゴンソウ(キク科オオハンゴンソウ属、北海道~九州に分布、観賞用の園芸種が野生化)


 この季節、耕作地の周辺では色々な花が見られる。園芸用で栽培していたのが逃げ出して野生化した花や農作物として育てて居たのが逸脱したのとかそれに加えて本来自生して居る花がごっちゃになって咲いている。今回載せたのは全てキク科の花だが人為的な力が加わらなければこう言う組み合わせは見られなかっただろう。

エゾノキツネアザミ(キク科アレチアザミ属、北海道、本州北部に自生)


ゴボウ(日本全土に分布、キク科ゴボウ属、食用の栽培品が野生化)

[PR]
by kasya5 | 2006-08-16 21:48 | 花・野生種
ベニシジミ夏型


 今日は行く先々でベニシジミに出会った。春先から彼方此方で出会う。この蝶は意外に素早くなかなか気に入った写真が写せていない蝶の一つだ。今回もちょこまかと飛び歩きなかなか撮させて貰えない(^_^;)しばらく追いかけて居る内に葉上に静止してやっと写真に収めた。この蝶はごく普通に見かける普通種だが他のシジミチョウに無い色合いで好きな蝶の一つだ。



開翔シーン、斜め前方から


開翔シーン上から

[PR]
by kasya5 | 2006-08-15 19:09 | 蝶・昆虫
オナガシジミなど
オナガシジミ


 昨年見つけた芽室のオナガシジミのポイントに様子を見に行った。天候は薄曇りだがポイントに近づくにつれて雲が切れ青空が覗きはじめた。
 目的の場所の手前にオナガシジミが居そうな場所が在ったので車をとめ探してみるとキクイモの葉にとまった比較的綺麗な個体を見つけた。他にいないか探してみたがこの場所ではこの1頭だけだった。

オナガシジミが居るのはこんな環境の場所


 最初の場所は早々に切り上げメインの場所に向かった。写真のように左手と奥に見えるのがオニグルミの林、この周辺はミズナラなども在るが特にオニグルミが多い。着いて周辺を散策すると目当ての蝶がチラチラ飛んでいる。食草のクルミの葉や下草に止まった個体が其処此処に見られた。

カラハナソウの葉の上で静止


エゾノギシギシの葉上で静止


オナガシジミを探していると他のシジミチョウも現れた。最初に見つけたのはカラスシジミ。その内ハヤシミドリシジミ、オナガシジミ、オニヤンマが同じ場所に現れた!!どれを撮すか頭の中で対象がクルクル回る(笑)とりあえずオナガシジミは個体数が多いので消去、ハヤシ、オニヤンマで順番は決まったがハヤシミドリシジミを撮し終わった頃にはオニヤンマの姿は消えていた。(^_^;)、次に出てきたのがオオミドリシジミの擦れた♂あまり綺麗では無いが広角撮影のモデルになって貰った。昨年来たときはオナガシジミしか見かけなかったがこの辺りはゼフの種類が意外に多いようだ。来年はもう少し早い時期に様子を見に来よう。他にはサカハチチョウ、オオモンシロチョウ、モンキチョウ、エゾスジグロシロチョウ、ウラギンスジヒョウモン、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ツバメシジミ、ベニシジミも数多く見かけた。

カラスシジミ、イヌビエの葉上で静止


ハヤシミドリシジミ、エゾノギシギシの葉上で静止


オオミドリシジミ、エゾノギシギシの葉上で静止

[PR]
by kasya5 | 2006-08-15 18:55 | 蝶・昆虫
チゴハヤブサ


週末の海沿いの散策で道路脇の電柱にとまっているチゴハヤブサに出会った。この鳥に出会うのは実に2年ぶり、近づいて写真を写そうとすると一つ先の電柱に飛び、近づくとまた飛ぶ!何度か同じ事を繰り返したが最後に一枚だけ写真を写させて貰えた。付き合うのに飽きたのかこの後、海沿いの林の中に消えた。
[PR]
by kasya5 | 2006-08-14 20:12 | 野鳥
海辺の花
カセンソウ(キク科オグルマ属、北海道、本州、四国、九州に分布)


週末に久しぶりに海岸の原生花園に花を見に行った。しばらく来ない間に原生花園は夏の花に衣替えをしていた。一番、目につくのがハマオミナエシとカセンソウの黄色い色彩、ムシャリンドウやシャジクソウは終盤を迎えている。そんな中エゾマツムシソウやハクサンジャシンなどの初秋の花が咲き始めていた。

ハマオミナエシ(オミナエシ科オミナエシ属、北海道、本州に分布)


エゾマツムシソウ(マツムシソウ科マツムシソウ属、北海道、本州北部に分布)


ハクサンジャシン(キキョウ科ツリガネニンジン属、北海道、本州、四国、九州に分布)

[PR]
by kasya5 | 2006-08-14 19:50 | 花・野生種
ゴマシジミ


 今朝も起きるとどんよりと雲がかかって天候は今ひとつ、それでも所々雲の間から青空が覗いて居るので昨年見つけた海沿いのゴマシジミポイントに向かう。
 しかしポイントに近づくにつれ雲の厚みが増し霧雨が降っている状態、現場に着くと海霧も重なり条件は最悪、数多く見られた草原の方では姿を確認することが出来なかった。
 他の蝶が居ないかカシワ林の方に行くとジャノメチョウに混ざって大きめのシジミチョウが一頭飛んでいた。目当てのゴマシジミだ!霧雨に打たれて飛ぶ姿も心なし弱々しい。すぐに草にとまったので写真に収めた。

[PR]
by kasya5 | 2006-08-12 22:33 | 蝶・昆虫