<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
雨上がりの朝
エゾシロチョウの蛹

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今日は「蝶の観察記録-十勝蝶の覚書」のmaedaさんと早朝に小一時間の散策の約束をしていた。しかし週初めの予報と違って朝から雨が降っていた。
 それぞれの目的はカバイロの発生場所とエゾシロチョウの発生木を確認する事なので雨でも問題ない待ち合わせの場所に行くと既にmaedaさんが着いていた。
 先ずは車を移動してエゾシロチョウの発生木を確認に行く、車を降りて歩いていくと此処がカバイロの発生場所との事、エゾシロの発生木のすぐ近くだった。先回来た時は木の周りをエゾシロチョウが乱舞していたが流石に今日の天候だと蝶の姿は見られない。たまにヒメウラナミジャノメが驚いて飛び出すだけだった。
 エゾシロチョウの発生木には寄生されたのかまだ羽化していない蛹が残っていた。僅か30分程度の散策だったがそれなりに成果はあった。maedaさん今日はありがとう御座いました。

エゾシカ

Nikon D200+SIGMA APO 50-500mm

 待ち合わせの場所に行く前に少し時間が早かったので様相が変わって居ないか発生木の場所の確認に行った。するとこれまでこの場所では見た事が無かったエゾシカに出会った。この場所は市街地に近く周りにはエゾシカが生息できるような森もない、河原沿いに上流から下ってきたのだろうか?

メマツヨイグサ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 河原や道路沿いの荒れ地ではメマツヨイグサの花が咲き始めた。帰化植物として蔓延りあまり目も向けられない花だが水滴のついた花はなかなか美しい。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-30 09:55 | 複合
十勝正直村「6月下旬」
ガーデンフロックス?

Nikon D200+Nikkor ED 18~70mm

 久しぶりに行った十勝正直村、時期的に花の種類が少ないがその分、花に目移りがせずそこそこ楽しむことが出来た。少ない花の中でまず目を惹いたのがピンクのオイランソウに似た花、売り場の札にはガーデンフロックスと書かれていたが正式な名前かどうかは不明だ。


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 広大な花壇内には木道やチップを敷いた小道が設けられている。木道脇で目を惹く黄色い花が咲いていた。近づいて見るとセオヨウミヤコグサだった。この花は逸脱し野生化した花が彼方此方で見られる。日本産のミヤコグサによく似ているが花の数が多いのが特徴だ。

セイヨウミヤコグサ(マメ科)

Nikon D200+Nikkor ED 18~70mm

 次に目に着いたのがひときわ濃い紫色のベロニカ、花を見るとクワガタソウやオオイヌノフグリにそっくりの形をしている。帰ってから調べてみるとオックスフォードブルーと言う品種のようだ。

ベロニカ「オックスフォードブルー」(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 園内で真っ白な花を枝一杯に付けているバイカウツギの木が有った。風に揺れるたびにほのかな良い香りを漂わせている。

バイカウツギ(ユキノシタ科バイカウツギ属)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 ピンク色の一重咲きのシャクヤクも咲き始めていた。花全体を撮したのも綺麗だが蘂をアップで撮したのも面白いので載せてみた。蘂だけを見ていると別の花のように見える。

シャクヤク

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-25 20:54 | 花・園芸種
平野部で見かけた蝶
エゾシロチョウ(求愛)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 河原を散策していると無数のエゾシロチョウが周囲を舞っている木を見つけた。近寄って見るとエゾノウワミズザクラエゾノコリンゴのように思えるが定かでない。そこら中の枝で求愛行動や産卵行動が見られた。手の届く場所の葉をめくるとエゾシロチョウの卵が見つかった。よくよく見るとそこら中に卵がある。これだけの卵が羽化したらこの木は食べ尽くされてしまうだろう。

エゾシロチョウ(産卵)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

エゾシロチョウ(卵)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 河原では他にはヒメウラナミジャノメやシロオビヒメヒカゲも飛んでいた。セイヨウノコギリソウの花に比較的新鮮なシロオビヒメヒカゲが吸蜜に来たので写真に収めた。

シロオビヒメヒカゲ(吸蜜)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 午後に花を写しに出かけた場所では少し擦れたフタスジチョウが飛んでいた。今年は目撃のみで写真が撮れて居なかったので静止するのを待って撮影、後翔が傷ついているのがちょっと残念

フタスジチョウ(静止)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 ガーデンフロックスの花にはミヤマカラスアゲハが吸蜜に来ていた。吸蜜シーンを撮していると偶然にドンピシャの飛翔写真が写っていた。この写真を見ているとやはり花に蝶と言うのがいちばん絵になると実感(^o^)

ミヤマカラスアゲハ(飛翔)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-24 21:13 | 蝶・昆虫
6月下旬の虫
アジアイトトンボ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 今日出かけた十勝正直村で花を写している時に見かけた虫たち、スイレンやアサザが咲き誇る池の周りにはアジアイトトンボやルリイトトンボが無数に飛んでいた。

ルリイトトンボ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

ルリイトトンボ(交尾)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 散策の途中ではこんな招かれざる奴も現れた全長が5㎝近くあった様に思われた。こんなのに刺されては堪らないので数枚撮して早々に退散

オオススメバチ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 クスダマツメクサの花にはジガバチが訪れていた。

ジガバチ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 アリウムの花でカメムシらしき虫と羽蟻が来ていた。撮して見ると配置がにらめっこして居るように見える。

カメムシ(?)の仲間と羽蟻

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-24 20:44 | 蝶・昆虫
ヒメシジミ
閉翔♂

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

 先週は空振りに終わったヒメシジミのポイントに再度、立ち寄って見た。僅か数日の違いなのだが今日は10頭程度のヒメシジミを見ることが出来た。時間帯のせいなのか吸蜜する個体は少なく葉上で静止する個体が多く見られた。

閉翔♀

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

半開翔♂

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

半開翔♀

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-21 19:48 | 蝶・昆虫
エゾシロチョウとヒメウラナミジャノメ
エゾシロチョウ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

 今年はまだ見ていなかったエゾシロチョウが飛び始めていた。この蝶はもっとも好きな蝶の一つで北海道では普通種だが居ると思わず撮してしまう。まだ発生初期のようで綺麗な個体が多かった。ヒメウラナミジャノメもありふれた蝶だが今年は初見、例年ならそこら中に飛んでいるのだがまだ早いのか今日の場所では二頭しか見かけなかった。


Nikon D200+Nikkor ED 10.5mm

ヒメウラナミジャノメ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-19 21:16 | 蝶・昆虫
ハマナス

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

 宿泊先のペンションを9時過ぎに出発、浦幌町の原生花園に向かった。今日の原生花園で目についたのがセンダイハギやキンポウゲの黄色い花、今日の目当てのハマナスはまだ咲き始めたばかりで蕾の株がほとんどだった。咲き始めのハマナスは色も濃くなかなか綺麗だ。


Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-17 15:56 | 蝶・昆虫
ヒメウスバとカラタカ
ヒメウスバシロチョウ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

 午後から晴れ間が広がり初夏の陽射しが戻ってきた。プチ旅行の途中に音更方面の林道に寄り道をした。目当てはヒメウスバとカラタカ、林道に入って少し進むとチシマフウロの咲く斜面が現れた。チシマフウロの花ではエゾスジグロシロチョウやコチャバネセセリに混じって両種が吸蜜に訪れていた。

カラフトタカネキマダラセセリ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-16 19:00 | 蝶・昆虫
6月初旬の庭Ⅱ
ダイアンサス(ナデシコ科)

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

 ダイアンサスが庭の片隅でピンクの花を咲かせていた。ダイアンサスはナデシコ科の花の総称でセキチクなどもこの中に含まれる。背丈はあまり大きくなく庭の主役にはなれないが濃いピンク色の花は庭の良いアクセントになる。

カモミール(キク科キク属)

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

 数年前に蒔いたカモミールが今年もこぼれ種から芽吹いて花を咲かせた。この花はリンゴに似た甘い香りがありハーブとして利用する。乾燥した花にお湯を注ぎ、降り出したものを飲むと、リラックスしてよく眠れると言われている。

フランスギク(キク科キク属、ヨーロッパ原産の帰化植物)

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

 我が家の塀と道路の間で帰化植物のフランスギクが花を咲かせ始めた。元来は観賞用として持ち込まれたものだが逸脱し現在では色々な場所で見られ在来種と競合している。しかし花は美しく初夏の風に揺れている姿はなかなか趣があって良い。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-16 12:33 | 花・園芸種
6月初旬の庭
ジャーマンアイリス(アヤメ科アヤメ属、原産地、地中海沿岸)

Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

 この季節、北海道の庭先で目を惹くのがこの花、虹の花とも言われ花色が豊富でほとんどの色が揃っている。性質は丈夫で花も大きく豪華な感じがするのでガーデニング好きな家庭ではほとんどの庭に植えられて居る。


Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD


Nikon D200+TAMURON SPAF180mm F3.5 DiLD

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-06-16 12:03 | 花・園芸種