神社裏の鴨達
 今日は朝から快晴、絶好の鳥見日和だ。自宅から車で15分程の神社裏に出かける。
 まず目にはいるのが何時来てもこの場所を占拠しているマガモとカルガモの群、その中に オオハクチョウカワアイサ、コガモが混ざって見られた。
 カワアイサを何枚か撮影し少し下流のポイントに移動、この辺りから雲行きが怪しくなり風も吹き始める。
 少し撮影意欲を削がれながらも下流に移動すると水鳥の数も増え、中にキンクロハジロ、ミコアイサ、ヒドリガモも見られ始めた。
 ミコアイサは北海道RDBで絶滅危急種に指定され近年数が減っているようだ。此処では毎年観察出来るが近い将来、見られなくなる日が来るかも知れない。
 他に何か変わった種類のカモが来ていないか群の中のキョロキョロ見回すと、おっ!居るじゃ有りませんか(^o^)
 今年もヒドリガモに混ざって一羽だけアメリカヒドリが来ていた。
 雲ってシャッター速度が上がらないのでISOを400に上げアメリカヒドリをメインに撮したが写真の出来はいまいちかなぁ(^^ゞ

一羽だけ居たアメリカヒドリ(帯広市)

[PR]
# by kasya5 | 2004-11-27 20:01 | 野鳥