タグ:コムラサキ ( 4 ) タグの人気記事
コムラサキとシータテハ
コムラサキ


 15日の林道の散策で撮した最後の蝶、コムラサキとシータテハ今の時期の林道を歩くと色々なタテハチョウ科の蝶が吸水に降りている。今回もこの他にサカハチチョウやコヒオドシ、クジャクチョウも来ていたが写真には収めなかった。コムラサキの下の二枚は地面から飛び立って林道脇の葉に止まったのをマクロレンズと広角レンズそれぞれで撮した写真、同じ位の大きさだがレンズによって随分と雰囲気の違う写真になる。





 シータテハの写真は林道上で吸水しているのを広角レンズで蝶に触れるぐらい近づいて撮した。この蝶は久しぶりに撮した。翔を閉じていると羽の形や模様からボロボロになった擦れた個体のように見えてしまうがこの個体は翔を開くとオレンジ色が鮮やかな羽化したばかりの新鮮な個体だった。

シータテハ




人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-17 07:11 | 蝶・昆虫
中札内の蝶②(コムラサキ)
静止開翔


昨日の中札内でキバネセセリに次いで多く見られたのがコムラサキこの近辺では食樹の柳が多いせいか至る所に居る。何故か覆い道のコンクリート壁で吸水している個体も多い。しかし数が多いからと言って写真が撮りやすいとは限らない。意外に敏感で近づくと直ぐに飛び立ってしまう(^_^;)羽の紫の輝きを撮すのも一苦労、曇天の下、角度を変えて撮すがあまりうまく撮せなかった。

静止閉翔


キャンプ場周辺にもコムラサキがかなり飛んでいた。この蝶は地面で吸水や吸汁する姿を見かけるのが圧倒的に多い。珍しく葉にとまって居たので広角に取り替えて撮影した。今回も蛇の残骸にもこの蝶が集まって姿が見られた。追い払って集まってくるのを観察したら直接とまる個体はほとんど見られなかった。一度、手前の地面に降り歩いて来るのやら小刻みにピョンピョン跳(飛?)んで集まって来る。理由は解らないが見ていて面白い。

集団吸汁

[PR]
by kasya5 | 2006-08-05 06:34 | 蝶・昆虫
コムラサキ

 天気予報に反し午後から晴れてきたのでいつもの蝶撮影のフィールドに向かう。オオイチの時期が過ぎたのか採集者も居なくゆっくり散策できそうだ。
 今日の狙いはゼフとコムラサキ!、コムラサキは普通種で蝶マニアは目もくれないようだが♂は紫色に輝いて絶好の被写体になる。今回もオオイタドリの葉にとまりその輝きを見せてくれた。

 今日この他に写した蝶はコキマダラセセリトラフシジミメスグロヒョウモン♂メスグロヒョウモン♀カラスシジミツバメシジミツバメシジミ(開翔)、見かけた蝶はカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ギンボシヒョウモン、コチャバネセセリ、キバネセセリ、ジョウザンシジミ、コヒオドシ、アカタテハ、シータテハ、クジャクチョウ、ヒメウラナミジャノメ、判別不能のミドリシジミ類等
[PR]
by kasya5 | 2005-07-24 20:59 | 蝶・昆虫
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン(岩陰で休憩)

 オオイチモンジを目当てに中札内の林道に行ったがポイントは採集者が押し寄せとても写真を撮る雰囲気で無く早々に立ち去る。
 林道を奥に進んだ所でミドリヒョウモンが岩陰で陽射しを避けている所に出会った。思えば初めて撮したのはこの蝶で蝶に興味を持つきっかけになった蝶だ。
 回りを探すと良く似たウラギンスジヒョウモンが地面で吸水していたりハシドイの花で吸蜜していた。

(誤り)ウラギンスジヒョウモン(正)メスグロヒョウモン(吸水シーン)


(誤り)ウラギンスジヒョウモン(正)メスグロヒョウモン(吸蜜シーン)


 今日この他に写した蝶はギンボシヒョウモンヒメウラナミジャノメコムラサキコヒオドシ、見かけた蝶はサカハチチョウ、エゾシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、ヤマキマダラヒカゲ、エゾスジグロシロチョウ、モンキチョウ、コチャバネセセリ、キアゲハ等

ウラギンスジヒョウモンと思っていたらメスグロヒョウモン♂でした。
それにしてもヒョウモンチョウ類と言いミドリシジミ類と言い蝶は見分け方が難しいです。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-16 21:02 | 蝶・昆虫