タグ:シータテハ ( 4 ) タグの人気記事
コムラサキとシータテハ
コムラサキ


 15日の林道の散策で撮した最後の蝶、コムラサキとシータテハ今の時期の林道を歩くと色々なタテハチョウ科の蝶が吸水に降りている。今回もこの他にサカハチチョウやコヒオドシ、クジャクチョウも来ていたが写真には収めなかった。コムラサキの下の二枚は地面から飛び立って林道脇の葉に止まったのをマクロレンズと広角レンズそれぞれで撮した写真、同じ位の大きさだがレンズによって随分と雰囲気の違う写真になる。





 シータテハの写真は林道上で吸水しているのを広角レンズで蝶に触れるぐらい近づいて撮した。この蝶は久しぶりに撮した。翔を閉じていると羽の形や模様からボロボロになった擦れた個体のように見えてしまうがこの個体は翔を開くとオレンジ色が鮮やかな羽化したばかりの新鮮な個体だった。

シータテハ




人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-08-17 07:11 | 蝶・昆虫
シータテハなど
シータテハ


 秋の気配が漂い始めた林道に蝶の写真を撮しに行った。蝶の季節も終盤に入り見られるチョウは擦れた個体が多く綺麗な蝶はなかなか見つけられない。そんな擦れた蝶が増えた中でシータテハは比較的綺麗な個体が見られた。その他には2化目のサカハチチョウ(夏型)やモンキチョウも見られた。ミドリシジミ類も結構な数が見られたがどの蝶もボロボロになっていて撮すには哀れな感じがし写真には収めなかったそんな中で?ミドリシジミの比較的綺麗な♀が居たので写真に収まって貰う。今回は新レンズを使ったが花の撮影には向いていなかったレンズだが蝶を撮す場合は写りがシャープでなかなか良い具合に使えた。これからの蝶の撮影に幅が広がり来年が楽しみだ。

サカハチチョウ(夏型)


モンキチョウ


?ミドリシジミ♀

[PR]
by kasya5 | 2006-08-26 22:36 | 蝶・昆虫
アカマダラ
半開閉翔


 本来ならジョウザンシジミと行きたい所だが白っぽいシジミチョウがちらちら飛ぶ姿を思い浮かべながら行ったポイントではジョウザンシジミの姿は全く見られなかった。クジャクチョウやエルタテハ等の越冬タテハは結構な数が居るが目当ての蝶には出会えなかった。そんな中諦めきれずにブラブラしていると今年は初見のシータテハが居たので写真に収まって貰った。

シータテハ・開翔


 そう言えば此処ではコツバメもよく見かける。対象を変更してコツバメ探しを始めしばらくすると視界の端を黒っぽい小さな蝶が横切った。でも地味な蝶なのでとまれば枯れ葉にとけ込み見失うそんな事を何度か繰り返しやっと撮したが出来は今ひとつ、その後、エゾスジグロシロチョウを撮して午前中の散策は約束の時間も近づいたので終了した。

コツバメ


 で表題のアカマダラは山菜採りの帰りに花を写しに行った場所で偶然に出会った。今まで見たアカマダラの中では一番小さく、最初はベニシジミが飛んできたのかと思って追いかけて見るとこの蝶だった。で何故アカマダラが表題に成ったかと言うとたまたま今日出会った蝶の中で一番サービスが良かったと言う単純な理由でした。
[PR]
by kasya5 | 2006-05-06 22:16 | 蝶・昆虫
日高遠征(蝶編)
 日高山脈を越え反対側の林道に蝶を探しに行った。あわよくばツマジロウラジャノメが見られればと思い3本の林道に入るがどの林道もゲートが閉まって入ることが出来なかった。
 その内の1本に徒歩で入るが奥に進むにつれて熊が出そうな気配!!途中で諦めて引き返した。

ウラゴマダラシジミ(表面


シータテハ(開翔


ベニヒカゲ


 どの蝶も十勝管内でもよく見かける蝶ばかりであまり成果は無かった。
 この他に撮した蝶はミヤマカラスアゲハ開翔)、アカタテハ、コヒオドシ
[PR]
by kasya5 | 2005-08-14 18:45 | 蝶・昆虫