タグ:ジョウザンミドリシジミ ( 5 ) タグの人気記事
市内のゼフ林
ウラジロミドリシジミ

Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

 連休三日目の最終日、朝起きるとやはり小雨交じりの曇り空、予報では今日は晴れ間が出る筈なのに・・・しかし8時頃に空が明るくなり青空が少しだけ顔を覗かせた。
 今日は遠出は出来ないので市内のゼフ林を少しだけ見に行く事にした。着いて歩き始めると先週はジョウザンが止まっていたクルミの木にウラジロらしきゼフが止まっていた。望遠で確認するとやはりウラジロだった。
 先週と同じ場所ではジョウザンが下草で盛んにテリハリを行っていた。今回も広角レンズを着け忘れて居たのでマクロで近づけるだけ近づいて見た。

ジョウザンミドリシジミ

Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

 一・二枚目はNikonの絵、二枚目のジョウザンはもっとグリーンに見えたが出来上がりはブルーが強く出てしまった。
 三枚目以降はPENTAXの絵、三枚目は同じ場所から撮した。Nikon程では無いが此方も見た感じよりブルーの方が強くなってしまった。四・五枚目はもっともブルーに輝く方向から撮した。この二枚は見た目に近い感じで写っている。


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

 最後の写真はウラジロが静止していた。クルミの木の傍らであまり光らない場所から撮した。前翔に二本のブルーのラインが走り面白い写真に成った。
 蝶を撮し始めた頃ジョウザンシジミ等のゼフ類は見つけてもまったく羽を開かなかった。この頃になってやっと時間帯のせいだと言うことが解った。早朝に行くとすぐに開いてしまい逆に閉翔の写真がなかなか撮せない。
 この後、maedaさんと現場で出会い、同じゼフ林の反対側に移動、此方でもウカチョクのジョウザンが盛んに卍飛行を繰り返していた。此処は飛翔写真を撮すには絶好の場所、広角に切り替え一応挑戦したがピンボケの山、このレンズを使いこなすにはもう少し練習が必要だ。ちょうどこの時に携帯が鳴ったので早く帰って来いとの催促かと思い慌てて出たらFieldさんから日高のツマジロのお誘い。思わず行きますと返事をしてしまいそうに成ったがそのまま行ってしまったらきっと今日は家に入れて貰えないぞと思い何とか踏みとどまった(笑)


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-07-16 16:52 | 蝶・昆虫
ゼフのシーズン

Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm

 先週から早朝に何度か見に行っていた市内のゼフ林、きのう見に行った時は何も飛んで居ず居たのはヒメキマダラセセリだけ今日もあまり期待はせずに同じ時間に見に行った。
 相変わらず見かけるのはヒメキマダラセセリのみ諦めてかえろうとした時、クルミの梢でブルーの光が舞った。たぶんジョウザンミドリシジミと思うが私の知識では確定は出来ない。この個体がクルミの葉に戻って来た所を望遠で今年初撮影、何度見てもこのブルーの輝きには目を奪われる。撮していると六頭の個体が盛んに卍飛行を始めた。その内の一頭が下草にとまって色々なポーズを見せてくれた。

※ Fieldさんに写真の同定をして頂いた結果、ジョウザンミドリシジミとの回答を頂きました。Fieldさんいつもお手数をおかけしますm(__)m


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


Nikon D200+SIGMA APO 70-300mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm


PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-07-08 09:57 | 蝶・昆虫
中札内の蝶④(ウラギンスジヒョウモンなど)
ウラギンスジヒョウモン


今年は新鮮なヒョウモン類をまだ見ていない。ときおりミドリヒョウモンが姿を現すが何れも擦れた個体ばかりで撮す気になれなかった。そんな時、オレンジの濃い小さめのヒョウモンチョウが現れた。葉にとまったので慎重に近づいてみると新鮮なウラギンスジヒョウモンだった。この蝶は蝶を撮し始めたばかりの頃、初めて撮したヒョウモンチョウで思い入れが強い。なかなか羽を開いてくれなかったが開いた瞬間を撮すことが出来た。



此処までシジミチョウ科の蝶が登場していないがこの流域には各種のシジミチョウが生息している。今回も木の梢をアカシジミらしき蝶が飛んでいるのを何回か目撃した。木の下で降りて来ないか待っている時に見つけたのがこの蝶、ミドリシジミ類の同定は苦手だが多分ジョウザンミドリシジミと思う。開翔写真を写すチャンスも有ったが綺麗に輝く場所を探している間に空高く舞い上がってしまった(^_^;)

ジョウザンミドリシジミ♂

[PR]
by kasya5 | 2006-08-05 20:56 | 蝶・昆虫
市内のゼフ林
オオミドリシジミかなと思ったらジョウザンミドリシジミだそうです。


今朝も朝から曇り空、出かけても成果が得られそうにないのでここのところ滞っているHPの更新をすることにした。ところが昼近くに成ると明るくなり太陽が顔を見せはじめた。こうなると体がうずうずし始める(笑)HPの更新もそこそこに切り上げ昨日不発だった市内のゼフ林にアカシジミが見られればと思い向かった。着いて見ると日の当たる場所でミドリシジミ類がテリを張っている。下に降りて来ないかしばらく待っていたが撮影範囲に入ったのはだいぶ擦れたジョウザンミドリシジミのみだった。

オオモンシロチョウ


開けた花の咲いている場所に吸蜜に来ていないか探して見るが吸蜜に来ているのはオオモンシロチョウやジャノメチョウばかりどちらも普通種だがやはり花と蝶というのは絵になるので数カット撮影、どちらも同じような構図だが蝶によって雰囲気が違ってくる。その後に葉にとまったこれも普通種のサカハチチョウの夏型を写す。今日もアカシジミの姿は確認できず普通種ばかりの撮影となった。

ジャノメチョウ


サカハチチョウ夏型


早朝に行けば相当数のゼフが見られそうだが通勤とは逆方向なので足を伸ばすのは難しい。
[PR]
by kasya5 | 2006-07-30 20:53 | 蝶・昆虫
ウラジロミドリシジミなど
ウラジロミドリシジミ♂


また明日から天候が崩れる様なので出勤途中に昨日見つけたゼフのポイントへ行くことにした。現地には5時30分に到着、昨日見かけた場所を探すが姿が見られない。すぐ側にカシワ林が在るのでそちらに移動下草のクマザサの中を探すと白っぽいゼフが飛び出した。昨日は1頭しか見かけなかったウラジロミドリシジミだ!!よく見ると笹の葉の彼方此方に止まっていた。しかし昨日は見かけたハヤシやジョウザン、ウスイロオナガは見つけることが出来なかった。陽の光もあたり始め羽を開き始めたので今日は思う存分開翔写真が写せた。この蝶も角度により青く見えたりグリーンに見えたりとなかなか面白い。しばらく撮してマクロ撮影に飽きたので広角に切り替える。ほとんどの個体は直ぐに逃げたが中にはサービスの良い個体も居た。

開翔(後ろから)


開翔(正面から)


開翔(斜め前方から)






しばらく撮していたが他のゼフがでないので先日オオミドリシジミを撮した近くのカシワ林に移動、直ぐに姿を現したのがハヤシミドリシジミの♂少し進んだ所ではジョウザンらしきゼフが卍飛行をしていた。この辺りの雑木林は色々なゼフが住んで居そうなので時間があるときにゆっくりと散策して見たい。

ハヤシミドリシジミ


ジョウザンミドリシジミ

[PR]
by kasya5 | 2006-07-28 20:09 | 蝶・昆虫