タグ:M公園 ( 9 ) タグの人気記事
花を写す感覚が・・・
アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属・北海道、本州、四国に分布)

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

 今日は晴れる予定が朝起きて見るとどんよりとした曇り空、当初はオオタカを観察に行く予定だったが予定を変更し駒畠の百姓(笑)庵にChamomileと蕎麦を食べに行く事にした。
 かきゆりそばとごぼ天を注文、ブログのネタが無いので写真を写そうかと思ったが混んだ店内で写すのはどうも気恥ずかしい。カメラは持って行ったが結局写すことが出来なかった(^^ゞ
 食事を終え百姓(笑)庵を出る頃に空が明るくなり青空が見え始めた。
 気温も上がり始め良い感じになってきたのでM公園のアズマイチゲの様子を見に行くと三度目にしてやっと開花している株に巡り会えた(^O^)まだ咲き始めで花だけ開き葉が丸まっている株が多い。個人的にはこの咲き始めたばかりが好きで葉が開いてしまうとこの花に対する興味が無くなってしまう。

 かなりの枚数を写し帰って写真の出来具合をチェックするとイメージどおりの写真が一枚も無い。昨日のミズバショウもそうだったがここのところ野鳥や蝶にうつつを抜かしていた性か雰囲気の堅い写真ばかり花を写す感覚を忘れてしまったような感じだ(T_T)、こりゃ今シーズンは本腰を入れて花の撮影に取り組まないと駄目だな!!

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-04-22 17:56 | 花・野生種
アズマイチゲ・ゼフ越冬卵
 暖かい日が続いたと思ったら今日は冬に戻ったような天気、気温も低く正午過ぎまで雪が降り続いていた。今日はこのまま家でごろ寝でもしようと思っていたら昼過ぎからときおり晴れ間が覗き始めた。
 こうなると家でじっとはして居られ無い!花の具合も気になるので近所のM公園の様子を見に行く事にした。先回より雪解けが進み斜面ではアズマイチゲが蕾を着けていた。
 朝から晴れていれば開いた株を見ることが出来たのだろうが今日の天候では難しそうだ。たまに日差しを浴びるので開花をしばらく待ったが若干ほころんだ所で時間切れになってしまった。
 この他に半開のアズマイチゲやザゼンソウ、ウバユリの芽吹きを写したが家に帰ってファイルの移動中、手違いで50枚分のファイルを削除してしまった(T.T) その中にはザセンソウの気に入ったカットが含まれていたのでショックが大きかった(--;)

アズマイチゲ

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

 アズマイチゲが開くのを待つ間、ゼフの越冬卵を探す事にした。この公園ではルリシジミしか見た事が無いがミドリシジミ類も居るらしい。此処の柏もS公園と同じで年数を経て巨木になっているのが多い。
 樹冠の枝を探すのは不可能なのでひこばえを中心に探すとすぐに見つける事が出来た。小さいのでトリミングして拡大、ジョウザンミドリシジミとウラミスジシジミの様に思えるが今の知識では同定できない(^^ゞ
 二枚目の写真では一番上の卵の殻が割れている。幼虫が出たのかも知れないが出た後の殻を見た事が無いのでこれも不明だ(^^ゞ

※ 十勝蝶の観察記録のmaedaさんによると上の写真はウラジロミドリシジミ・ウラミスジシジミの破れた卵は寄生され食べられた卵と教えて頂きました。

越冬卵①・トリミング

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

越冬卵②・トリミング

PENTAX K10D+PENTAX FA 100mm F2.8

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-04-12 18:18 | 複合
3月のエゾリス
カメラ目線でポーズ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

先日の公園での様子、ここの所あまり見かけなかったエゾリスが陽気に誘われて姿を見せたのか5匹確認できた。まだ冬毛のふわふわしたエゾリスはサービスも満点で色々な動作を見せ見ていて飽きない。

これ食べられるかな。

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

んっまだ写すの?

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

ボリボリ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

これじゃ中の食べ物が出せない(^_^;)

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

場所を変えしばらく撮していると面白いものを見つけた。アカゲラの掘った穴にすっぽりとクルミがはまり込んでいる。餌を貯蔵しようとして入りきらず栓をしたような状態に成ってしまったのだろう。この中にどれ位貯蔵してあるか興味が有ったがそのままにして帰ってきた。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-03-25 09:26 | 野生動物
シメ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm

三月も終盤になり日差しが暖かく感じられる。近所の公園では小鳥の囀が賑やかで恋の季節を迎えたのかペアで行動する小鳥も見かける。今日はこの公園に設置してある給餌台付近で野鳥がやって来るのを待つことにした。良く現れるのが定番のゴジュウカラ、ハシブトガラ、シジュウカラの三種、そんな中に久しぶりに出逢うシメが一羽混ざっていた。しかしこの鳥はいつ見ても人(鳥)相が悪い。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-03-24 14:15 | 野鳥
M公園の小鳥
シロハラゴジュウカラ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

午後になり寒さも和らいだので久しぶりにM公園に出かけた。エゾリスの姿でも見られればとも思っていたのだが何所に隠れているのかエゾリスの姿は見られなかった。エゾリスのえさ台付近にはこぼれたひまわりの種を求めてシジュウカラやゴジュウカラがひっきりなしに訪れていた。

シジュウカラ

PENTAX K10D+SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-02-18 13:57 | 野鳥
初撮り
ハシボソガラス

D200+SIGMA APO 70-300mm

今年はまだ撮影に行って居なかったので暖かく成った午後から近所の公園に出かけた。しかしどうしたものか今年の十勝は野鳥の姿をあまり見かけない。例年なら鳥の囀りが賑やかな公園だがやけに静まりかえって時折、囀りが聞こえて来る位であまり期待できそうに無い。最初にモデルに成って貰ったのがハシボソガラス、この鳥だけは野鳥枯れの十勝に置いて何時でも見られる。ゴミ等を散らかすので嫌われているが綺麗な髪の色を鴉の濡れ羽色に例えられるように見る角度によって漆黒の羽が輝いて美しい。

シロハラゴジュウカラ

D200+SIGMA APO 70-300mm

そうこうしている内に頭上でコンコンと木の実を打ちつける小さな音が聞こえた。見上げるとシロハラゴジュウカラが居た。北海道亜種は本州本面のゴジュウカラに比べると腹の辺りの羽毛が白い。見上げる形で撮したのでその特徴がよく解る写真に成った。

エゾアカゲラ

D200+SIGMA APO 70-300mm

今度は少し大きめの木を突く音が聞こえてきた。音のする方に歩いて行くと細めの木の枝にエゾアカゲラが居た。近寄っても無心に木の枝を突いて居て逃げる気配がない。本州産との違いは肩羽の白斑が大きい事らしいが並べて見てみないと違いが解らなさそうだ。

人気blogランキングへ
[PR]
by kasya5 | 2007-01-05 15:52 | 野鳥
エゾヤマザクラ
 サクラが咲き始めたと新聞に載っていたのでM公園に様子を見に行った。
 町中では7分咲き位になった木もあるがこの公園では1本だけ2分咲き位になっていた。



エゾヤマザクラは満開になってしまうと白っぽくなるが咲き始めはピンク色が濃く綺麗だ。



 桜の木の下には先客のカメラマンが居たのでしばらく付近の野草を探した。
 先回来た時は1輪しか咲いていなかったタチツボスミレ、や2株ほどだったキュウリグサも花を付けた株が増えていた。
 新顔ではレンプクソウセントウソウセンボンヤリも咲き始めていた。
[PR]
by kasya5 | 2005-05-06 17:41 | 花・野生種
M公園の野草
 北海道の春は遅いが花が咲き始めると次々に野草が咲き始める。
 そろそろ公園のスミレが咲いて居そうなので久しぶりに公園を散策をする事にした。
 最初に目に付いたのがキタコブシの白い花、木々に花を数多くつけていた。
 キョロキョロと地面を見ながら歩く、きっと周りの人から見れば少し怪しい叔父さんと思われ居そうだが気にせず歩く。
 ピンクの小さな花が目に付いたので近づくとカキドオシの花、その直ぐ隣にはタチツボスミレが咲いていた。気を良くして周りを見るとミヤマスミレやエゾアオイスミレも見つかった。
 他にはニリンソウキュウリグサイヌナズナも咲いていた。
 家に帰ると庭に植えてあるエゾノオオサクラソウも花を咲かせていた。見ているとこの花を撮しにまた山歩に行きたくなってしまった(^^ゞ

ミヤマスミレ

[PR]
by kasya5 | 2005-04-30 21:24 | 花・野生種
M公園の小鳥
 久しぶりにエゾリスを探しに近くのM公園を一時間ほど散策した。普段よく見かける場所でエゾリスを探すが今日は一向に姿を現さない。
 いつまでも待っていても仕方がないので目標を変え小鳥を探すことにする。今年は此処でも小鳥の姿が少なくカメラに収まってくれたのはアカゲラハシブトガラヒヨドリとゴジュウカラだった。道内に生息するゴジュウカラは北海道亜種で腹の部分が白くシロハラゴジュウカラとも呼ばれている。この鳥は唯一、頭を下にして樹を降りられる変わった奴らしい。
 この他にはツグミやシマエナガ、シジュウカラの姿も見られた。

天候:晴れ

北海道亜種のシロハラゴジュウカラ
[PR]
by kasya5 | 2005-02-12 11:34 | 野鳥