<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
アオバト

 川の堤防を走っていると堤防沿いの樹に初めて見る鳥がとまった。車の中から望遠レンズで覗くとアオバトだった。
 この鳥は本州方面では留鳥だが北海道では夏に渡ってくる夏鳥で木の芽や木の実を食べて生活している。
 首元のグリーンと葡萄色の羽が美しい鳥だがこの季節は緑の葉に溶け込み見つけづらい。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-24 21:09 | 野鳥
コムラサキ

 天気予報に反し午後から晴れてきたのでいつもの蝶撮影のフィールドに向かう。オオイチの時期が過ぎたのか採集者も居なくゆっくり散策できそうだ。
 今日の狙いはゼフとコムラサキ!、コムラサキは普通種で蝶マニアは目もくれないようだが♂は紫色に輝いて絶好の被写体になる。今回もオオイタドリの葉にとまりその輝きを見せてくれた。

 今日この他に写した蝶はコキマダラセセリトラフシジミメスグロヒョウモン♂メスグロヒョウモン♀カラスシジミツバメシジミツバメシジミ(開翔)、見かけた蝶はカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ギンボシヒョウモン、コチャバネセセリ、キバネセセリ、ジョウザンシジミ、コヒオドシ、アカタテハ、シータテハ、クジャクチョウ、ヒメウラナミジャノメ、判別不能のミドリシジミ類等
[PR]
by kasya5 | 2005-07-24 20:59 | 蝶・昆虫
トモエソウ(巴草)


 草丈は50~100㎝にもなり花も3~6㎝の大きい花を着ける。オトギリソウ科の中でも一番大きいこの花は夏の山野で目を惹く、この花に初めて出会ったのは一昨年、それまでは探しても見つからなかったのが蝶の撮影に林道に入ると彼方此方で出会うようになった。

 今日この他に撮した花はカワミドリウスベニツメクサ
[PR]
by kasya5 | 2005-07-24 20:45 | 花・野生種
ハナビシソウ(花菱草)


 各家庭の花壇も春のから夏の花に衣更え、この北アメリカ原産の花もその一つ。
 意外に丈夫な性質で毎年、こぼれ種から花を咲かせる。花色はオレンジ、赤、黄色があるがその中でもこのタイプの花が一番気に入っている。
 陽の光があたると陽射しに輝くような花を開き、夕暮れになると花を閉じる。

クローズアップ


 今日この他に撮した花はユリ(Y・グランド・パラダイス)ガザニアウチワサボテンカモミール
[PR]
by kasya5 | 2005-07-24 20:35 | 花・園芸種
海辺の花
 久しぶりにChamomileと二人で花の散策に出かける。先般のアポイ岳で膝を痛めしばらく一緒に行動できなかったので行く前から心が弾む(^o^)。
 まだ完全に治っていないので今回は平坦な海岸の原生花園に行くことにした。予報では昼頃は雨だったが移動中は小雨程度、散策中は晴れ間も見えゆっくり楽しめた。
 原生花園に着くと最初にウンランを探すがまだ早いようで蕾も膨らんで居ない。しかし先回来た時は蕾だったハマベンケイソウやハマニガナが咲いていた。

ハマベンケイソウ


ハマニガナ


 他にはノハナショウブやシロバナニガナ等の新顔も見られた。周辺をしばらく散策後、海の見える温泉で汗を流し帰途についた。

ノハナショウブ


シロバナニガナ


 今日この他に撮した花はナンテンハギコウゾリナムシャリンドウハマナスシャジクソウウツボグサミヤコグサエゾタツナミソウイブキトラノオヒメゴヨウイチゴ(果実)
[PR]
by kasya5 | 2005-07-18 21:54 | 花・野生種
7月の風景
 何日か前にも書いたが今の時期の十勝地方の郊外ではジャガイモの花が盛りをむかえている。此方では一つの畑がジャンボサイズ、そう言えば今のように機械化が進んでいない頃、農家の仕事を手伝ったら一回の往復で一日かかったと友人が言っていた。
 そこにジャガイモを植えると写真のような風景、小麦を植えると収穫時期には黄金色に輝く畑が出現する。



 此方は少し引いて撮した写真、しかしこれだけの畑からジャガイモはどれだけ収穫できるのだろう?収穫の時期に通ると畑の隅に山積みになったジャガイモを見かけるが何トンあるかは不明だ。

[PR]
by kasya5 | 2005-07-18 21:07 | その他
コミスジ
コミスジ(開翔)


 先回、「北海道昆虫大好き」のS氏と行ったときコミスジとイチモンジチョウを目撃した所に出かけた。
 10時頃現地に着いてみるとコミスジやイチモンジチョウが滑空するような飛び方で林道沿いを飛んでいた。
 林道を進むと材木の集積所があり水が滲んでいる。そこにはイチモンジチョウやアカマダラ(夏型)が吸水に訪れて居た。

イチモンジチョウ(開翔)


アカマダラ夏型(開翔)


 更に林道を車でゆっくりと進んでいくとやけに大きいイチモンジチョウ風の蝶が目の前を横切る!!オオイチモンジ?と思って車外に出るがあっと言う間に飛び去ってしまった(^_^;)
 帰って来ないかとその場所に未練が残りしばらく周辺を散策する事にする。しばらくうろつくと今度はやけに赤っぽいシジミチョウが道路脇の葉にとまった。
 蝶を撮し始めてから初めて見るアカシジミ!!思わぬ拾いものに心の中でガッツポーズ(^o^)

アカシジミ


今日この他に写した蝶はギンボシヒョウモンエゾシロチョウコキマダラセセリカバイロシジミ(産卵)等、そうそうエゾシロチョウをアップで撮したらこんな顔をして居ました。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-17 18:23 | 蝶・昆虫
モメンヅル
オニシモツケ

 今日は久しぶりの真夏日、出かけるか迷ったがそろそろカラフトモメンヅルの花が咲いている頃、この花は希少種で自生地が道内でも限定され飛び地のように分布している。
 早速、音更町内の河川敷に車を走らせるが此処はチョウのポイントでも有り、今日も採集者が大きな網を振っていた。
 採集者と一緒になるのは嫌なのでこの場所はスルーし他の場所に行く事にした。
 此方では気の早いオニシモツケやコクワの花が咲いていた。コクワは秋になる実が食べられ果実酒にすると意外に美味しい。

コクワ(別名;サルナシ)


モメンヅル


 蝶や花を撮し最初の河川敷に向かうともう採集者の姿は無かったが堤防上の草はすっかり刈り取られていた。
 モメンヅルが残っているか辺りを探すと難を逃れた株が数株残り薄緑色の花をつけていた。
 今日この他に撮した花はウツボグサホザキシモツケオニノヤガラ

※ 当初、モメンヅルをカラフトモメンヅルとして掲載しましたが読者から違うのではとメールを  頂き再考の結果モメンヅルに修正しました。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-17 16:47 | 花・野生種
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン(岩陰で休憩)

 オオイチモンジを目当てに中札内の林道に行ったがポイントは採集者が押し寄せとても写真を撮る雰囲気で無く早々に立ち去る。
 林道を奥に進んだ所でミドリヒョウモンが岩陰で陽射しを避けている所に出会った。思えば初めて撮したのはこの蝶で蝶に興味を持つきっかけになった蝶だ。
 回りを探すと良く似たウラギンスジヒョウモンが地面で吸水していたりハシドイの花で吸蜜していた。

(誤り)ウラギンスジヒョウモン(正)メスグロヒョウモン(吸水シーン)


(誤り)ウラギンスジヒョウモン(正)メスグロヒョウモン(吸蜜シーン)


 今日この他に写した蝶はギンボシヒョウモンヒメウラナミジャノメコムラサキコヒオドシ、見かけた蝶はサカハチチョウ、エゾシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、ヤマキマダラヒカゲ、エゾスジグロシロチョウ、モンキチョウ、コチャバネセセリ、キアゲハ等

ウラギンスジヒョウモンと思っていたらメスグロヒョウモン♂でした。
それにしてもヒョウモンチョウ類と言いミドリシジミ類と言い蝶は見分け方が難しいです。
[PR]
by kasya5 | 2005-07-16 21:02 | 蝶・昆虫
トカチトウキ

 この時期の中札内の林道は花の種類は少なくてあまり見るものがないがトカチトウキの葉の匂いを確認しに行くことにした。
 先回撮したセリ科の花は葉を採って匂いを嗅ぐが薬臭い匂いはしなくやはり葉の形とかを見るとカワラボウフウのようだ。
 同じ場所に葉の違うセリ科の花があったので此方の葉を嗅ぐと漢方薬の匂い!たぶんこっちがトカチトウキの花のようだ。回りにはエゾノキリンソウやヤマルリトラノオも咲いているが綺麗な株が少なく撮す気になれなかった。
 今日この他に撮した花はキツリフネトモエソウ
 
[PR]
by kasya5 | 2005-07-16 20:39 | 花・野生種